2016年08月05日

33年前の「兵馬俑レプリカ」

DSCN9636.jpg
現在、大阪・中之島の国立国際美術館で
「始皇帝と大兵馬俑」が10月2日まで催されています。

1983年(昭和58年)10月に開催された
「築城400年祭・大阪城博覧会」会場で「秦の兵馬俑展」が
兵馬俑の展示として国内で初めて催されました。

博覧会の開催を告げるパレードが10月9日(日)に
「オープニング・パレード」として御堂筋で行われました。
翌年から「御堂筋パレードに」に名称変更されました。

パレードが終わり、休む間もなく2日後に、
パレード担当から大坂城博覧会運営本部に異動し、
会場の管理を担当していた時に、
中国製の兵馬俑レプリカを購入。
長い間、本箱の中に置いていましたが
1年前から庭に置いています。
馬の耳が無くなり尻尾が折れています。
DE JO3LZG
posted by OSRC at 16:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。