2015年09月29日

スーパームーン試写

150927 DSCN3526.jpg150928 DSCN3531.jpg
5年振りに、デジタルコンパクトカメラを買い換えました。
Nikon COOLPIX S6000から同じくS9900へ、
本体は少し大きく重くなりましたが、望遠が30倍までOK。
27日の中秋の名月と28日の満月・スーパームーンを試写しました。
オート撮影です。小さく写っている方が28日の月です。
JA3AERも同S9700の30倍で撮られています。

スーパームーンとは、満月時に最も地球に近寄った月のことで、
最も遠い時が約40万q、近い時が約35万qで、差は約5万q。
14%大きく見えるそうです。年に1〜3回の現象だそうです。
見た目は、10円硬貨と500円硬貨の比較位だそうです。
DE JO3LZG
posted by OSRC at 11:42| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
たまには一眼レフも使ってくださいよー。
今度一緒に狭山池でも撮影しに行きませんか??
Posted by JBY at 2015年10月01日 00:13
S9900の次はどんな機名になるのか心配です。
それがクールピクスの最後と言うこともないでしょうね。
Posted by KURONO at 2015年12月11日 11:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。